top of page

ロシア・アヴァンギャルド再評価の大きな要因となり、今日なお刺戟的であるロシア未來派や構成主義の美術。その探求の跡を、20年第後半の構成主義建築への展開、外国への影響なども視野に収めてさまざまなドキュメントをまじえて復元。

カンディンスキイ「内容と形式」、マルコフ「新芸術の原理」、ラリオーノフ「光線主義絵画」、マレーヴィチ「立体主義、未来主義からシュプレマティズムへ」、プーニン「第三インターナショナル記念塔」他。

 

-著者  / 五十殿利治、土肥美夫 (編)
-出版社 / 国書刊行会
⁠-刊行年 / 平成3年

-状態  / 清掃済 / 防水梱包函、カバー付き。使用感。函シミ、ヤケ。ややたばこ臭。ご注文から5日以内に発送。基本的に返品交換不可。


#ロシアアヴァンギャルド #美術 #構成主義 #ロシア未来派

#カンディンスキイ #カンディンスキー

中古品ですので、多少の傷痛み、汚れがございます。ご理解いただける方のみご購入ください。⁠
※ノークレームノーリターンでお願い致します

ロシア・アヴァンギャルド 4 コンストルクツィア ー 構成主義の展開

¥4,000価格
    bottom of page